冷シップと温シップの違いは?

こんにちは😀

ドラッグストア👲🏼にいくと

冷シップ温シップが置いてあり

どちらがよいのか迷ったりしたことはないでしょうか❓❓

 

両シップにはどのような特徴があるのか

違いについてみていきます👋🏼

 

 

温シップに配合されてあるカプサイシンには

毛細血管を拡張させ、血流を増やす効果があるので、

血行不良による慢性疼痛肩こりなどが適しているでしょう。

カプサイシンによる温熱効果は微弱なものなので、

筋肉💪🏻を温めたりするならば、湯船🛀🏻につかるなどして温めたほうが効果的です💡

冷シップに配合されているメントール

ひんやり⛴と感じさせる効果がありますが、

実際に皮膚の温度が下がるかというと、そこまで下がらないみたいです😰

 

筋肉痛や捻挫などの急性疼痛😱には

まず温度を下げて、炎症を抑えることが大切ですので、

微弱な温熱効果のある温シップは避け、冷シップを貼ったほう無難です👍

 

シップはあくまで応急処置なので

アイシング🍨などで温度を下げて

炎症を抑えることが大切です🤓

 

まとめると、、

温シップには

血行を若干増やす効果があり

肩こりによる慢性疼痛が適しています😃

 

冷シップには

冷たいと感じさせても

皮膚の温度を劇的にさげるわけではありません😱

急性疼痛

冷シップのほうが無難です👍

 

両シップの温度変化はそこまで変わらないといわれているので、

自分が気持ち良いと感じるシップを選ぶとよいかもしれません👌

 

( 兵庫県 20代 男性 薬剤師 )

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です