世代を超えた魅力…

♪どんどんぱっ どんどんぱっ ふふふんふんふんふん…(よくわかんないからご鼻歌でごまかす)..ふふふふん しんが ういーぅいる ういーっぅいる ろっきゅーっ

いまさらながら、ボヘミアンラプソディーを観て、クイーンに染まっている難病オジサン薬剤師です。

もともとあんまし洋楽に興味がなく、リアルタイムで「これはクイーンの〇×」とわかる曲は数曲程度レベルだった私ですが、帰宅後すぐにサントラとライブブルーレイをamaポチ※1して、ディスクが擦り切れて向こう側が透けて見える※2んじゃないか?くらいヘビロテしている状態なっちゃうほど、😍ステキな映画😍でした。

※1 amaポチ:amazonで購入ボタンをポチっと押す の略。造語
※2 ディスクが擦り切れて向こう側が透けて見える:もちろん、非接触ですからこんなことは起こりません。(わかる人にはわかるネタ…)

ストーリーとしてはダイジェスト感が否めない…と思わないでもないと思ったんですが、それを補って余りあるライブシーンの迫力がすごい。そこに至るまでは正直微妙な映画か?…..と思っていたのに、鳥肌が立って涙が出てきました。立ち上がって手拍子して声援を送る衝動を抑えるのが大変…(その後、それをやっていい応援上映なるものが有ることを知りました)。

なんでこの映画を観たのか?というと、中1の二男(自閉症)が「お父さん、ポレミアンラプソディー観たい」と誘ってくれたから。映画といえばアニメとヒーローモノにしか興味を示さなかったのに、意外な映画の名前が出てきたのでびっくり。『クイーンの映画だよね?じゃあ、観に行こうか』となり、その場で近所の映画館のwebサイトから予約。ドルビーアトモスという、音響が良いけど200円高いやつしか適切な時間のが無く一瞬躊躇したんですが、他の兄弟(長男、三男)は所用で居なくて二人きりのデートだったんからいいや!と思って奮発して大正解!(といっても、それでないのでは観てないので、不正解かどうかも分からないですが(苦笑))

私がamaポチしたブルーレイに興味を示して一緒に観てくれるのも二男だけ。その後、ことあるごとにクイーンの歌を歌っています。(学校でも歌っているらしい)ただ、Bohemian RhapsodyのGallileo!の部分(知らない人が聴いたら奇声を発しているとしか思えない部分)を突然歌い出すので、『その部分は大声でいきなり歌うとみんながびっくりするからやめようね』と伝えたらそこの部分は歌わなくなりました。一回で止まるようになったところに、成長を感じている今日この頃です😍。(自閉症は限局した興味と強いこだわりの病気なので、こだわりを持ったものから興味を逸らすのが大変)

で、We Will Rock Youももちろんレパートリーの中に入ってるんですが、書き出しの部分のように、おそらく英語が苦手な日本人が誰もが歌うようなごまかし方自分と同じごまかし方で歌うんです。クイーンは、世代を超えた魅力と英語のごまかし方を伝えるすんごいバンドなんだと思いました。

一度は劇場で観るべき映画です。ぜひ劇場へ!

※挿絵と内容の関連が全くないことは承知の上です。
※E-BONDグループとこの映画に利害関係はございません。(あったらいいなと思いますが….)

 ( 薬剤師 40代 男性 )

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です