夏のおもひで

♪はぁ~ るばるぅ~ きたぜ はこだて~
   なぁ~ にするかは かんがえずにぃ~

立待岬で津軽海峡を眺める 息子 2号 1号 3号

結局、これの元歌を歌ってらっしゃる方の記念館には足を運びませんでしたが、函館に遊びに行ってきました😆。(参加者の3/4が、歌の存在すら知らなかったもので(苦笑)) 本当は、津軽海峡に向かって、最初の画像のポーズを皆でやった写真を撮りたかったのに、誰の賛同も得られませんでした。残念😔。

なぜ函館だったのか? 夏休みの旅行先を 北海道 と定めたところまでは良かったんですが、いざ計画を練り始めると、行った事のある場所ばかりを選んでしまうんですね😔。(私はすでに無関係ですが、子供たちにとっては親戚の方が札幌にいらっしゃるんで、札幌あたりには何度か行ったことがあるんです。)それはそれでいいんですが、「行った事のないところで、やったことないことをしたい」欲求が強くなり、最終的には「一番安上がりだった」という極めて現実的な理由で目的地が函館に定められました🤗。(稚内とか網走とかに行こうとすると、急に倍くらい😱お金がかかるんですもん。だって。)

函館といえば、夜景🌟ですね。 そのくらいは知ってました。 同僚に函館出身の方がいたので、色々と教えてもらったところ、「函館は全般的に駐車場が少ないので、ロープウェイに乗るんだったら、公共の交通機関を使ったほうがいい」のだとか。で、ロープウェイの乗車料金を調べたら、けっこうするんですね😱。これが。 どうしようかなーと、車でさまよいながらナビの地図を眺めていたら、なんと😀が有るじゃないですか😁! ネットで調べたら、「17時~22時は通行止め」となっていたんで、昼間はいけるんじゃないか?と思って車でGO。途中で通行止めになる時にしまるであろうゲートがあり、本当は通っちゃだめなんじゃないの?とビクビクしながら😨山頂アタック(といっても、350mくらいの標高の山なのですぐなんですが)雲が低く、途中数メートルくらいしか視界がない状態😱だったんで、上に行っても何にも見えないかもなーと思いつつ無事山頂の駐車場に到達😀。展望台に上ると主に雲景色ではあったんですが、切れ目からちょっとだけ函館市街を見ることが出来たので良かったです😀。

で、その後展望台の売店の脇で、ひとり100円で見られる夜景🌟のムービーをやってるのを発見。嫌がる息子らを連行して全く期待せずに観たらとても素敵😊な仕上がりで、「実際に見てみたいもの」を二つも提供してくれました。

ひとつが、「夜景🌟」。 函館の夜景🌟は当然夜明けまで続くわけですが、朝焼け夜景🌟が入り混じった状態がとても素敵っていう映像が流れたわけですね。そこで息子らに 「お父さん、朝夜景を見るために明朝チャレンジしようとおもうけど、どうする?」 と聞いてみたところ、全員参加意思表明。 そこで、さっそく日の出の時刻を調べてみたところ、「日の出🌞の時刻は4時🕓」….。 え゛?😱 宿から山頂までだいたい車で30分かかるし、だんだん変わるところを見るんだったらって考えたら、3時🕒には起きないと間に合わない計算😫。これ話したら行かないといい始めるかも思ったのですが、非日常の場所での非日常の時間の行動というのも魅力だったのか、のまま21時🕘に消灯。旅の疲れもあってかすぐに皆眠れた😴ので、予定通り3時🕒に全員起床。外に出て見上げてみると「暗くても分かる。雲☁いっぱいやん😰(某メガネ芸人風👓)。一抹の不安を覚えつつ、奇跡を信じて再び車でGO。昼間よりも視界が悪く、「無駄足感」を覚えつつ山頂到着。 うん 雲☁だね。

たまーに、雲の切れ目で、ものすごく近いところの明かり💡だけ見えるけど、その間に雲☁があるので、きれいに写真が撮れない😰。そんなことやっている間に日の出の時刻が近づいてきた😰日の出🌞の方向=宿のある方向なんですが、そっちを見ても宿どころか海岸線すら見えない😰。これは、山頂に居てもなにも見えないと判断し、息子らに「降りるぞ」と声をかけて下山。実は、函館山の中腹の辺りに、山頂から見たのとほぼ同じようなアングルで見えるスポットを発見しており、昼間も実はそっちのほうがきれいに見えてたのを皆知っていた。誰も文句を言わずに車に飛び乗り下山開始。途中すれ違う車が数台あったので、「やっぱり引き返すか?」と悩みながらスポットに到着。日の出の太陽🌞はとうとう見ることは出来ませんでしたが、日が上ってきて雲☁が少し明るくなってきていて、これはこれできれいだったんで良い判断をしたと思うことにしました。もう少し粘っていれば、もっと幻想的な風景になったかも?なんですが、息子2号3号が「もう見たから帰ろう」といい始め😔、それでも後5分粘ってから帰りました😉。(こういうのはヤロウばっかりで見るもんじゃないと、実感しました💏。はい🤗。)

いさり火 イカが光に集まる習性を利用した漁の灯り

もう一つ見たいと思ったのが、いさり火🔥。夜景🌟を見に行く途中で見られるかと思いきや、どうやらその時間はもう遅かったようで見られなかったんです😔。で、夜景🌟もどきをみた日の晩が函館祭りの日で花火大会をやることになってたんですね。だから「花火観に行こう!」と子供を誘ったんですが、昼間市電に乗って観光したのと、全員早起きしたのの疲れが出たのか誰も行こうとしない😔。(まだ出かけるよっつってんのに、皆風呂入って浴衣に着替えてるし….。)仕方ないので、独りで海岸線に出て花火大会の方向を眺めていたら、偶然いさり火🔥に遭遇。その後、花火も小さくではあるけど見えたので、息子ら全員lineで召喚して、遠巻きではありましたがみんなで花火大会を楽しみました😃。

長くなるのでエピソードはこの位にしますが、楽しかったです。来年は何処にいこうかな?

函館どさんこファーム 急に行ったのに、馬に乗せていただきありがとうございました。
ラッキーピエロ 他に食うものいっぱいありそうなもんなのに、二回も行ってしまった。
函館駅前の市場 ここで食ったイカが一番おいしかった!
言わずと知れた、五稜郭。
函館市縄文文化交流センター 北海道唯一の国宝 土偶のカックウ

(40代 難病オジサン薬剤師@腕のマークはどういう意味?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です