クラスター対策勉強会

緊急事態宣言真っ只中ですが皆さんお元気ですか?

 

先日、新型コロナウイルスクラスター対策勉強会に参加してきたので報告します🗣

あっ、正確に言うとZoomミーティングに申し込んで招待されました。

 

その施設はリハビリテーション病院で回復期の患者さんが入院している病棟でクラスターが発生してしまいました。

感染対策はしっかりやっているつもりだったそうです。

1人の患者さんが発熱しPCR検査を実施したら陽性。翌日4人が陽性に。

その段階でその病棟の全スタッフは自宅待機。保健所の指示にしたがってゾーニングを開始

病院の特性上、濃厚接触者が多く、入浴介助やリハビリなどで数人のスタッフが陽性になってしまったそうです。

管理職が終わりの見えない戦いで2、3週間休みが取れず、毎日保健所とのやり取りが朝から夜までとても大変。陰性だったスタッフが2週間経過して症状が出て陽性になったケースもあったそう。

コロナ病棟は患者さんが個室なのはもちろん、スタッフの休憩室も1人ずつ個室を作り広がらないよう工夫。

その結果、1ヵ月ちょっとで終息。

 

【今の主な感染対策】

患者さんもマスク装着

スタッフが濃厚接触者にならないようマスク(+)ゴーグルで対応。

食堂にアクリル板設置。

新規患者さんはスクリーニングを行い発熱患者は個室に。

面会はリモートで。

スタッフからの感染を早めに探知するために、体調管理の徹底と自己申告しやすい雰囲気を作ること。

 

【苦労したこと】

リネンの洗濯(一次洗濯)をやってからでないと業者が引き取ってくれなかったこと。

該当病棟ではない患者さんの転院が断られたり、スタッフの子供への誹謗中傷。

 

とても考えさせられた勉強会でした。

体調不良を自己申告しやすい雰囲気作りが大切で思いやりを持って応対したいと思います💪

 

 

最後に千葉の観光地を少しどうぞ

 

 

 

 

のこぎり山

 

 

 

 

日本寺

 

 

 

 

崖観音

 

( 千葉県 薬剤師 40代 女性 )

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です