薬がない!

出荷調整」って言われて薬が入荷してこない状態が続いています。

思えば1年以上前、真菌症の治療薬に睡眠導入剤が混入してしまった事件がことの発端。

別のメーカーでも製造工程の問題が相次いで見つかり、玉突き状態で供給不足に陥っています。😭

もう長くこの仕事をしていますが、こんなに多くの品目でこんなに長く出荷調整が続くのは初めてです。😠

 

基本的に自動発注なので、順調なら発注点を下回った品目は翌日に納品されます。

ところが、翌日に納品されないことが多くあって困ります。😰

最近は欠品となるのはほぼジェネリックのみですが、品目によっては数日後に入荷するものメーカーを変更しないと入ってこないもの、そして全メーカーありませんと言われてしまうものもある始末。😱

 

少し前から、問屋さんから入荷状況がデーターで送られてくるようになりました。

在庫状況もわかるので、切り替えを考えるのに便利です。

 

患者様に迷惑をかけないよう、必死に在庫管理をしていまが、まだしばらくはこの状況が続きそうです。😰

 

かかりつけ薬局としてどこの処方箋も受け付けます‼と元気に言いたいのですが、薬が用意できない可能性があるのです。

少しでも早く順調になって欲しいのですが問題点がいくつもあるのかもしれません。

 

ところで、話は変わって「ミツマタ」って知っていますか?

先月、栃木県の群生地に行ってきました😀

こんな植物で3つに分かれているからミツマタ。

日本紙幣の原料なんですよ。

縁起がいい植物ですね。

2024年の新紙幣が楽しみですが、その頃には現金はあまり使われないでしょうか…

(千葉県 50代 女性 薬剤師)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です