点鼻薬について

花粉症が辛いシーズンになりましたね💦

今回は花粉症に用いる点鼻薬使用のポイントについてご紹介したいと思います🤓

点鼻薬は局所作用が強く、体内に吸収されにくく分解も早い為、全身的な副作用が少なく効果は確実なため、花粉症治療において非常に有効な治療薬です。

くしゃみ、鼻水、鼻詰まりに等しく効果があるとされ、鼻症状全般の改善効果に優れています。

鼻アレルギー診療ガイドライン(2016)においても初期療法から抗ヒスタミンと同じ位置づけとなっています👌

耳鼻科ではアレルギー性鼻炎と診断された場合、点鼻薬も同時に処方される事があります。

点鼻薬はひどいときだけ使う、良くなったら止めると思っている方がいらっしゃいますが、

実は点鼻薬は毎日使用しないと安定した効果が得られない事があります😵

花粉症の原因となる炎症をしっかり抑えることは治療上重要になりますので、

毎日点鼻薬をしっかり使用していきましょう!😉

以下に点鼻の際のポイントをまとめてみましたので、ご参考ください。

★毎日きちんと使いましょう。
ベッドサイドやお風呂場においておくなど、習慣化できる工夫をすると良いでしょう。

★鼻をかんで鼻どおりをよくしてから点鼻しましょう。
せっかく噴霧しても鼻水とともに一緒に流れてしまうと効果が落ちてしまいます。

★毎回、同じ部位に噴霧しない。
同じ部位に噴霧し続けると鼻粘膜が傷害される場合があるため、
デバイスの角度を毎回微妙に変えて使用しましょう。

 

 

( 茨城県 薬剤師 30代 男性 )

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です